本当は健康食品なんて食べずに本当の食品で栄養を補えば1番いい。でも、なかなかそんな食事はとれない。まずは忙しい。そして健康食品の知識がなかなかない。栄養についても結構いろいろな考え方があって、どうしたらいいのかわからない。

昔は3大栄養のバランスなんて言っていたけれども、それは嘘っぱちだった。炭水化物を摂りすぎているというのが今の結論だ。なぜならば皆がメタボになっている。現代社会においては運動不足と太りすぎをどのように防ぐかが問題だ。成人病、習慣病をどのように予防できるかが、現代の課題だ。どんな栄養を摂ればいいか、いろいろ調べてみた。しかし、よくわからないというのが結論だ。栄養に関しては実はまだまだわかっていないことが多い。全てが実験的というか、やってみたらこうだったからこうだっていうことで臨床的な見地から言っている。けれども理論的にこれが正しいっていうのはよくわからない。食品や栄養に関してはまだまだわからないことだらけというのが結論だ。だから健康食品に関しても、きくかきかないかはやってみないとわからない。どう考えても効きそうにないのに食品会社はそれを健康食品として作って売ってしまっているように見える。売れればそれでいいやという魂胆が見えて、嘆かわしい。