昔と比べると日本では食生活がだいぶ変わった。昔は魚を中心に野菜もたくさん食べていた。

食物繊維も1日で20グラムぐらいは食べていたようだ。食物繊維の1日当たりの推奨の量は10グラム後半である。イマークSの評判と効果を気にしよう。現代の日本の食事をしていると届かない。平均値ですでに10グラムぐらい足りないようだ。60代の人がたくさん食べているのに平均がそんなに低いということは、20代30代では相当足りてない。
何を食べるかを変えていくのは、かなり大変だ。メニューを変えるということは、買い物も作り方もレシピもすべて変えていくということだからだ。特に魚はどう料理したらいいか難しい。下手すると、捌かなくてはいけないのだ。魚を捌ける主婦なんて、今どれくらいいるのだろうか?  魚をさわれるかさえ、あやしい。
昔は米ばかり食べていたが、戦後はパンが広まった。パンを食べる人が増えたので、米を食べる人がだいぶ減った。もちろんヒエとかアワとか雑穀なんて食べる人はもうほとんどいない。これも食物繊維の摂取量が減ってきた降ってきた理由である。パンや米は主食なので、この食習慣を変えていくのはかなり大変である。